炭火に匹敵する高温調理を実現した
高火力ガス式焼物器の実力

2017年10月20日

燻煙で香りづけできる日本初の焼物器

高火力ガス式焼物器。幅のサイズが異なる2商品で展開する

一般の消費者はあまり目にすることのない飲食店などの業務用厨房機器。ガスコンロに揚げ物用のフライヤー、冷蔵庫に食器洗浄機などなど、その種類は業態によっても多彩だが、そんな厨房機器の世界も日々、進化を遂げている。

そんななか、注目を集めている機器がある。業務用厨房機器メーカーのタニコー株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社の3社が共同開発した高火力ガス式焼物器(やきものき)がそれだ。

焼物器とは、おもに日本料理店などで使われる魚や肉を焼く機器で、たとえば、うなぎや焼き鳥を焼く機器だと思えばわかりやすいだろう。そういうと、多くの人は炭火を連想するかもしれないが、実はそこが、このガス式焼物器が注目されている理由なのだ。つまり、これまで難しかった炭火と同じ高火力での調理を、ガスで可能にしたからである。

3社の開発担当者たちが集まっているというので向かった先は、タニコーの福島小高工場。開発製造の拠点だ。

製品を囲んで右から、タニコー・商品開発部の菊田浩章氏、大阪ガス・エネルギー事業部の西教安氏、東邦ガス・技術研究所の羽木敏氏

「従来のガス式焼物器の熱板温度は約600度から700度でしたが、今回開発した焼物器は、ブラスト燃焼バーナを搭載することで、炭火に匹敵する熱板温度800度以上という、国内最高水準の高火力を実現しました。さらに、油や肉汁が加熱されることで発生する煤(すす)の少ない煙によって、食材に香りをつける日本初の燻煙発生機能もオプションで備えているんですよ」

写真の中央に見える穴が今回採用したブラスト熱焼バーナの炎口部。この上に、半円状に反った熱板を載せて加熱し、その輻射熱で食材を焼く。熱板のそばに、燻煙棒を設置できるようになっている

そう話すのは、東邦ガス・技術研究所の羽木敏氏。

羽木氏のいうブラスト燃焼バーナとは、ファンで強制的に空気を送りこむことで、高火力で均一に加熱できるガスバーナの一種。その炎によって熱板(金属板)を高温に熱し、輻射熱で食材を焼き上げるのだ。バーナ(熱板)の本数を増やしたり、1本1本の間隔を狭くするなどして、焼きムラを抑える工夫もされているのだという。

 

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS