【省エネ大賞受賞】45%のCO2削減を目指すまちづくりの舞台裏
田町スマエネパークの実力

2017年04月14日

エネルギーも人もつながるスマエネパークへ

このような自動制御でエネルギー需給の管理ができるのは、「スマートエネルギー部会という仕組みがあるから」だと山本さんはいう。スマートエネルギー部会とは、港区、愛育病院、東京ガスグループなどの関係者がエネルギーに関する合意形成や情報共有、確認、改善を行う、街区のエネルギーのいわば町内会である。

「このスマートエネルギー部会を通して、スマートエネルギーネットワークの計画段階から、計画、実行、評価、改善というPDCAサイクルをまわすことで、CO2の45%削減に向けて街区全体で取り組んでいるのです」

プロジェクトがスタートし、第一スマートエネルギーセンターからのエネルギー供給が開始されてから2年が過ぎた。需要側の港区からも、愛育病院からも、よい評価が得られているという。そして今、山本さんは、「スマートエネルギー部会を通した意思疎通で、まちを形成するエネルギーをつくる人と使う人がつながることが、円滑なプラント運営には重要だ」と、あらためて実感している。

つまり、スマートエネルギーネットワークの真の意味とは、ICTによるネットワークでまち全体のエネルギーの情報がつながるだけでなく、人と人のネットワークでもあったわけだ。

そして現在工事が進む駅に近い街区には、エネルギー供給拠点としての第二エネルギーセンターのほか、ホテル(2018年竣工予定)やオフィステナントビル(2018年度~2019年度竣工予定)など3つの建物が建つ予定だ。

田町駅東口北地区 2019年度完成イメージ

「新しい街区が完成すると、第二エネルギーセンターと第一エネルギーセンターが連携し、それぞれの街区でつくられたエネルギーを融通し合うことになります。SENEMSは2つの街区全体でエネルギーを最適化するものに進化します。これにより、これまで以上に、効率のよいエネルギー利用や強固なエネルギーセキュリティが実現することになります」

第一スマートエネルギーセンターでプラント内を見学した後、やがては田町駅までつながるという屋外の歩行者デッキに出ると、陽は大きく西に傾いていた。そこから、日に日に工事が進む新たな街区を望む。東京オリンピックを迎える頃にはもう、ここに新しいまちが完成しているに違いない。それまでは、いやそれからも、山本さんたちのまちづくりは続いていくのだろう。

「エネルギーは目に見えません。でも、エネルギーとまちづくりは密接に関係しています。このプロジェクトは、持続可能な新しいまちづくりに貢献できる仕事なので、やりがいがありますね。また、東京ガスグループがこうした都市インフラ形成にも携わっていることを多くの方に知っていただけるとうれしいですね」
 

3
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS