【省エネ大賞受賞】45%のCO2削減を目指すまちづくりの舞台裏
田町スマエネパークの実力

2017年04月14日
省エネ大賞とは
一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、省エネ意識の拡大や省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築への寄与を目的として、優れた省エネ取り組みや製品・ビジネスモデルなどを表彰するものです。需要・供給側が一体となって、高効率なエネルギー利用と都市機能の高度化の両立を図った街区作りに取り組み、継続的な省エネ活動を行ったことなどが評価され、本取り組みが平成28年度省エネ大賞(省エネ事例部門)「経済産業大臣賞(共同実施分野)」を受賞しました。

田町駅前で進む低炭素なまちづくり

田町スマエネパークの先行開発区域「くらしの拠点ゾーン」。左の建物がみなとパーク芝浦

JR田町駅東口の北側でここ数年、建設工事が進んでいる。田町駅を利用したことがある人の多くはきっとご存知に違いない。しかし、一見よくある駅前の再開発のようなそのエリアが、あるコンセプトのもとにつくられているまちだと知る人は、少ないのではないだろうか。

そのエリア開発こそ、まち全体で省エネ、節電、CO2削減などに取り組むことで「低炭素で災害に強いまちづくり」を目指す「田町スマエネパーク」である。港区や東京ガスなどが共同で進める一大プロジェクトだ。

すでに、エリアの半分の街区「くらしの拠点ゾーン」は完成し、①総合支所やスポーツセンターからなる港区の複合施設「みなとパーク芝浦」、②港区立しばうら保育園等、③周産期母子医療センターからなる民間の愛育病院の3施設がそれぞれ開業している。残り半分の駅に近い街区の開発が、現在も進められているというわけだ。

低炭素などを掲げるこのまちに、いったいどんな秘密があるのだろうか。

難しいコージェネレーションの仕組みやプラントの設備を説明してくれた山本さん。第一スマートエネルギーセンターのエネルギー供給開始からプロジェクトに携わってきた

「みなとパーク芝浦」などがある街区のいわば心臓部、東京ガスエンジニアリングソリューションズの第一スマートエネルギーセンターを訪ねると、地下への長い階段を降りて、数々の装置が並んだプラントに案内された。

「ここでエネルギーをつくり、3つの施設に供給しています。つまり、エネルギーの地産地消です。ここは地下1階ですが、天井を高くし、配管類をすべて上部に配置することで、コンパクトなプラントを実現しているんですよ。長い階段を降りていただいたのは、そのためなんです」

そういって出迎えてくれたのは、東京ガスの都市エネルギー事業部地域エネルギー部課長、山本智美さんだ。ここは視察や見学で訪れる人も多いため、常に稼働中のプラントながら解説用のパネルなども展示されている。山本さんは、慣れた口調でプラント設備などについて説明してくれた。

「東京ガスグループでは、このまちづくりのコンセプトを実現するため、ガスコージェネレーションシステムを核としたスマートエネルギーネットワークを構築し、街区全体の共通目標である45%のCO2削減(1990年比)に向けて、エネルギーを供給しています」(山本さん、以下同)

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS