ガス会社が取り組む厨房プロデュース
快適で効率的な調理空間をつくり出せ!

スマートエネルギーで社会を支える ミッションと技術者たち[1]

2017年02月27日

社員食堂や病院の最適な厨房を提案する

ランチは社員食堂という読者も少なくないだろう。

「今日の日替わりメニューはなんだろう」「明日はアレを食べようか」などと考えることはよくあることに違いない。

しかし、その料理がどんな厨房でつくられているのかまで考えたことがある人は、ほとんどいないはずだ。

とはいえ、社員食堂の厨房もスタッフが働く仕事場であり、効率よく調理や提供ができる設備はもちろん、快適な環境が求められることはいうまでもない。

そんな最適な厨房づくりについて、日々頭を悩ませ、取り組んでいる人物がいる。

東京・汐留にある東京ガスの業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME」。

最新の厨房機器が並ぶこの施設で出迎えてくれた、東京ガス・厨房相談室の太田英明さん(39歳)だ。

東京ガス株式会社
都市エネルギーマーケティング部
厨房相談室 主任
太田英明さん

「私が所属する厨房相談室は、一般飲食店をはじめ、社員食堂、病院、学校給食など、主に業務用厨房の支援をしています。
  厨房現場でのお困り事や要望を受けて解決するのが仕事です。
  お客さまの大半は企業や病院といった規模の大きな厨房設備を持つ方ですね」(太田さん、以下同)

たとえば、ある企業が新社屋を建設することになり、その社員食堂をつくる支援に携わることになったとしよう。

社員500食分をまかなう厨房だ。そのためにはどの程度のスペースが必要で、どんなレイアウトで、どんな厨房機器を揃える必要があるのか?

冷蔵庫の大きさは? 換気や空調は?……。

つまり、こうした厨房プランをトータルに考えて作成し、より効率的で快適な厨房図面や最適な厨房機器を提案するのが、太田さんの仕事なのだ。

「厨房内で働く人たちの効率や作業性、衛生面などを考えながら、厨房の提案をしています。
  ガステーブルやオーブン、冷蔵庫、揚げ物に使うフライヤー、食器洗浄機などの厨房機器はもちろん、換気や空調なども大事なポイントで、それぞれにクライアントのニーズに合った最適な提案を行っています。
  もちろん、すでに存在する厨房の改善提案や、最新の省エネ機器への入れ替え提案なども行っています」

このようにガス会社が厨房全体をプロデュースする強みは、あまたある厨房機器メーカーの機器のなかから、中立的な立場でクライアントのニーズに合った機器を選んで最適な厨房を提案できるというところだ。

そのため、一方ではつねにメーカーと連携・協力しながら、仕事を進めていくことが重要になる。

また、ガス会社ならではのガス空調も合わせた提案ができるのも特長だ。

「お客さまによって、厨房のスペース、作業動線、作業環境、省エネといった厨房に求める優先順位も異なります。
  だから、外食チェーン店で何もかも同じようなケースを除けば、一つとして同じ厨房はありません。
  いくつかのパターンのなかから当てはめることができないので、すべてオーダーメイドといっていいでしょうね」

1案件の仕事は、機器の入れ替えなど半日で終わることもあるが、厨房の全面改修や新規案件などでは数カ月~数年かかることもあり気の長い仕事なのだという。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS